胃酸過多で胃がほんとに痛いです

夜は大体、胃が痛くなります。
温かいものと、気負わず、適度にする事が大事になってきています。

ファモチジンとか、そんな名前の胃薬を飲んでいます。軽く胃酸を抑える薬なのだそうですが、効果的です。
本当に痛いと、休めば治る事は治りますが、この薬でもそれなりに良くなります。

胃酸が炎症を起こしているとは言われますが、僕自身、とても意識に対して過敏で、ストレスを受けすぎているように思えます。
間接的に胃が痛くなっている部分もあるのではないでしょうか。
神経質なのは、気も疲れてきますし、気楽な方が人間は良いといつも思っています。

先ほどの親の話、あれは去年まで、そんな事は言わなかったのです。
最近になってから、「お前はうつだから」という言い方をとてもするようになりました。
例えば、「親はデブだから沢山食べるし、不細工なのも分かる」という言われ方をずっとしていたら、その人は理屈で理解しようとしても、心では嫌になってきて、話さなくなると思います。
何々だからという表現には、別の存在という理解したつもりで、差別が根底にあるとしか思えません。
善意であっても、行った行為が、相手のためにならなければ、それは悪事を結果として招くのではないでしょうか。
勿論、近い関係ですから、こちらもそうかと聞き流す事もとても大事なのですけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です