埼玉県熊谷市の連続殺人事件について思うこと

数年前に岐阜県多治見市と並んで、暑さ日本一で有名になった埼玉県熊谷市で、凄惨な事件が起こってしまいました。最初は五十代の夫婦が殺されたと報道されて、私と妻も被害者と同年代なので、そのニュースが気になっていたところ、その後近くでさらに4人が殺されたということでした。しかもその被害者の中には小学生の女の子もいたということを聞き、いたたまれない気持ちになりました。子どもが犠牲になったというニュースを聞くと、本当に心が痛みます。容疑者は既に逮捕されているということで、その点では安心ですが、そのペルー人の容疑者は意識不明の重体とのこと。もしこのまま意識が戻らなかったら、犯行の動機がわからず仕舞いになりますので、何とか回復してほしいものです。

その後の報道では、今回の容疑者らしい男が、事件の前に不法侵入で警察に確保されていながら逃げられていた、ということで、警察の対応に問題があったのではないかという声があるとのことです。確かにこの時点で逃げられていなければ今回の悲惨な事件は起こらなかったので、警察を非難したい気持ちはわかります。しかし、この人物がこんな凶悪な事件を起こすなんて、誰にも予測できるはずがありませんので、指名手配するわけにもいきませんし、難しいところです。何故こんなことが起こったのかは、是非明らかにしてほしいと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です