先日の再婚相手のSさん

以前、怖いと母が言っていたKさんの再婚相手、Sさんですが、この前、ご一緒になった時、普通の方だったと聞きました。
親くらい適当な方が良いと思う事もありますね。
その人は、暫くして小走りに再婚相手のKさんの傍に行ったようですよ。
お幸せを祈ります。
今、旧姓Kさんは幸せなのでしょうね。幸せの形は違っても、人生の形は違っても、夫婦ってやっぱり大事なのだと思いますし、男性には女性、逆もそうなのだと思います。
そういう普通に傍にいてくれる人がいると、色んな風に楽しみ方も変わっていきますしね。

前書いたかもしれませんが、障がい婚というのがあるのだそうです。
障がい者が回復して、ある程度判断出来るようになって、足りないのは空白だと闘病生活による、現実との折り合いなんですよね。
現実の人ってこういう感じなのだと理解出来ていないと厳しいのだとは思います。
でも、外に出ている歴がある人なら、大体の事は分かるかもしれません。

あんまり、治ってきたら、人とそれ程の差はないと僕は思います。
色々奥さんや旦那の愚痴を聞く事がありますが、それがあっても、続いているのは良い夫婦なのかもしれません。特に長く続く夫婦は失敗していないとは強く言いたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です